フリーペーパーaptやその周辺の情報をお届け!


by tete-lab

八岐大蛇とスサノオと

引き続き神社めぐっております。

今回からざっくり、神話の旅

そもそも古代史好きなのでこんなことしてます。
でも古事記も日本書紀もまともに読んだことありません。
活字苦手です。中学生のときくらいから図書館で現代語訳版をかりて、
数ページ読んでは放置のくりかえし・・・。 (;^_^A

最近さすがにもうちょっと知っとこと思って読みやすい本を買ってみました。

e0178097_23323042.jpg


「図説 古事記」河出書房新社
図説だけあって、写真や絵が多くて、読みやすい。
紀信さんの写真が美しい一冊。






で、比較的なじみのある?スサノオ関連の神社へGO!

高天原を追放されたスサノオは、八岐大蛇と戦います。
八岐大蛇を切ったとき、血に染まった布都魂(剣)を洗ったという場所が吉井にありました。

※布都魂=フツミタマ と読む。

吉井川を北上しつつ。

もうだいぶんなれてきた山道行くの。

e0178097_23342890.jpg


その名も「血洗瀧神社」

e0178097_2335575.jpg


e0178097_23362674.jpg


社殿ぼろぼろ〜。それはいいとして、
建物内にらくがきとかあって悲しい (:_;)

e0178097_2338571.jpg


沢の音が心地いい。さて その沢の先には!!

e0178097_23365496.jpg


「血洗瀧神社」だけあって「血洗いの滝」!!
スサノオが出雲で八岐大蛇を倒したとすると、めっちゃ血まみれでここまできたもんだ。
もっと近くにあったんじゃね?洗うとこ。
そんな伝説の地。

落差10数メートル。古くから神霊の宿るものとして、
みそぎやよう拝が行われてきたそうな。
夏は納涼に良く。秋は紅葉が美しいそうな。
滝のそばまでいけるのでいってみた。

ここに行ったのは3月ごろ。
さ・・寒い・・・。猛烈に寒いけど、マイナスイオンを・・・浴びておこう。

落差10数メートルって滝としてはそんなに大きくないかもだけど、
いい感じの大きさと思う。普段 滝を見ない人間としては迫力十分。

e0178097_233974.jpg

[PR]
by tete-lab | 2010-06-20 23:45 | ようさん探訪記